歌い手

luz(ルス/歌い手)現在の年齢,身長,体重は?ハーフ説やluzの意味も調べた!

更新日:

ネットシーンで圧倒的な人気を誇る歌い手luz(ルス/歌い手)さん。

そんな大人気歌い手luzさんには、ネット上で囁かれるハーフ説やluzという名前の意味について関心が集まっているようです。

また、luzさんの身長や体重といった詳しいプロフィールや、luzさんの現在の年齢についても知りたい方が多いようですね。

そこで今日は、luzさんのハーフ説やluzという名前の意味と、身長・体重に現在の年齢までリサーチしてみました!

 

スポンサーリンク

 

luz(ルス/歌い手)の意味は何?

 

現在のネットシーンを語る上でその存在は外せないluz(ルス/歌い手)さんですが、初期からずっと使っている”luz”という名前はちょっと他では聞いたことないような響きですよね。

そこでluzという言葉の意味を調べてみたところ、スペイン語で光を表す言葉だそうです。

 

 

どうして光を意味するluzという言葉を選んだのかというと、実はluzさんの本名に光という文字が入っているからなのです。

luzさんは中学生の頃にニコニコ動画の歌ってみたにハマったのきっかけで、自身も歌ってみたの動画を投稿するようになりました。

そんなluzさんを見た友人が、luzさんの特徴的な当時のハイトーンボイスを聞いて、「まずは歌ってみたよりも生放送から始めるのが良い」とアドバイスをくれたそうです。

それから、最初の頃はlight名義で生配信を行い、リスナーからのリクエストに答えていくようになりました。すると、すぐさまその声に注目が集まり、瞬く間に人気者へと成長していきます。

そして改めて自分の名前を考えている時に、リスナーから様々なアイデアが上がる中で、音が留守番のルスみたいで可愛いらしいということ、他とは絶対に被らないだろうということでluzという光を意味する言葉に惹かれたそうです。

 

スポンサーリンク

 

luz(ルス/歌い手)はハーフなの?真相は!

 

出典:https://natalie.mu/music/gallery/news/336926/1186308

 

ネット上で囁かれるluz(ルス/歌い手)さんのハーフ説ですが、その真相はハーフではなくワンエイスでした。

ハーフは2分の1、クォーターは4分の1で、luzさんの父親が日本人で母親がアメリカ・フィリピン・ドイツのクォーターだそうです。

そんな両親の下に生まれたluzさんは、8分の1が外国の血が混ざっているワンエイスとなります。

しかし、正確にはワンエイスなものの、ワンエイスという言葉が世間に浸透していないことと両親の出生の説明が面倒くさいことから、本人はハーフと言うときもあるそうです。

ワンエイスは言い換えれば8分の7が日本人ということなので、見た目は日本人に近くなります。ですが、ハーフと言われたら信じてしまいそうなくらい異国の格好良さも兼ね備えていますね!

 

luz(ルス/歌い手)の現在の年齢と身長・体重は?

 

luz(ルス/歌い手)さんの現在の年齢と身長・体重が気になりますよね。

そこでluzさんの現在の年齢をリサーチしてみたところ、1993年7月23日生まれだそうなので、2020年2月現在は26歳になります。

また、身長と体重に関してはluzさんが自身のツイッターで、身長が182cmということのみ公開しています。

日本人の180cmの身長がある男性の平均的な体重は70kg前後ということなので、luzさんの身長からいくと体重は69~71kg程度と予想されます。モデル並みの体型ですね!

 

スポンサーリンク

 

luz(ルス/歌い手)の人気の理由は?

 

現在の歌い手の中でもトップの人気を誇るluz(ルス/歌い手)さんですが、その人気の理由は何なのでしょうか?

それはズバリ、聴いたらすぐにluzさんだと分かるほど「特徴的な歌声」にあります!

歌い手という職業上とても大事な歌声ですが、luzさんの歌声はハイトーンボイスでありながらどこか儚げで甘いとても特徴的な声をしています。

初期の頃はその女性に匹敵するほどのハイトーンボイスから、友人やリスナー含め面白半分「最弱の歌声」と評価をされていた時期もありました。

しかし、現在のluzさんは初期の頃のハイトーンボイスだけではなく、低くてセクシーな男らしい声も出せるようになっていて、音域の幅と表現力が格段に上がっています。

そんなluzさんの楽曲を聴いたら、たちまち虜になってしまいますよ!

 

 

luz(ルス/歌い手)は超がつく天然?

 

luz(ルス/歌い手)さんの人気の理由をご紹介しましたが、もう一つluzさんが人気になった理由があります。

それは、その「特徴的な歌声」からイメージされる格好良くて男らしいだけではなく、仲の良い歌い手さんたちからも揃って指摘されるほどの超天然なキャラクターなんです。

年齢が近く仲の良い人気歌い手まふまふさんの情報によると、ある日luzさんが「うちに遊びにおいでよ」と言ってきたそうです。

そこで、まふまふさんはluzさんの家に行くと、なんとluzさんは出かけていたそうです。

さらに、まふまふさんの天然キャラクター格付けでの評価において、luzさんは不等号を逆に解釈していて自分が一番しっかり者と思い込んでいたりと挙げればキリがありません。

 

 

もちろんしっかりしていて男らしい面もあり、後述するXYZPなどでもまとめ役をしています。

しかし、その一方でどこか抜けているという普通の天然を超えた、振り切った超天然というギャップを持っています。

ただ格好良いだけではなく、抜けていてユーモラスなluzさんが、人気が出ないわけがないですよね!

 

スポンサーリンク

 

luz(ルス/歌い手)が主催するXYZPとは?

 

luz(ルス/歌い手)さんの天然エピソードで出てきたXYZPですが、これは2015年からluzさんが企画・主催する「至高の夜へ導く」がテーマの歌い手グループになっています。

 

出典:https://xyzp.jp/

 

しかし、このXYZPは固定メンバーが主催のluzさんのみで、その時々のライブツアーの際に、コンセプトに合う人や年齢の近い友人などを呼んでグループを結成しライブツアーが行われます。

記念すべき最初のライブツアーの参加者は主催のluzさんを始め、そらるさん、まふまふさん、赤飯さん、あらきさん、nqrseさん、kradnessさん、un:cさんら豪華メンバーが共演しました。

2015年はXYZ名義でしたが、2017年に現在のXYZPへと変更されていて、こちらもかなりの人気ライブツアーへと成長しました。

 

luz(ルス/歌い手)は彼女関係で炎上したことがある?

 

そんな大人気のluz(ルス/歌い手)さんですが、過去には炎上したこともあります。

それは、2017年にとある女性がluzさんの彼女を名乗り、luzさん寝顔だという画像をツイッターにアップしたことがきっかけでした。

その後、暴露系ユーチューバーの配信にluzさんと女性が登場し謝罪することになったものの、女性がluzさんのファンから攻撃されたことによって、luzさんの謝罪が台本通りだったことが明らかになりました。

luzさんはもう一度ツイッター上で謝罪して坊主頭になり、2018年3月に活動を自粛することとなります。

しかし、当時のアニメのエンディング曲を担当していたこともあって2018年5月に活動を再開し、2020年現在では彼女はおらず音楽活動に精を出されています。

 

スポンサーリンク

 

luz(ルス/歌い手)プロフィール

 

出典:https://twitter.com/home

  • 名前:luz
  • 本名:非公開(名前に光がつく)
  • 生年月日:1993年7月23日
  • 年齢:26歳(2020年現在)
  • 血液型:B型
  • 身長:182cm
  • 体重:非公開
  • 出身:福井県
  • イメージカラー:白

luzさんは、最初は多くの人気歌い手と同じように2010年に歌ってみたを投稿し、生配信をしながら知名度を高めていきました。

その後、2014年10月に1stアルバム「tWoluz」でメジャーデビューを果たすと、2015年にはXYZ(現在のXYZP)を企画・主催し、現在のネットシーンを代表する歌い手へと成長しました。

 

luz(ルス/歌い手)現在の年齢,身長,体重は?ハーフ説やluzの意味も調べた!まとめ

 

ここまでluz(ルス/歌い手)さんのハーフ説やluzという名前の意味、現在の年齢・身長・体重といった詳細なプロフィールをリサーチしてきましたが、お役に立てましたでしょうか。

luzさんの名前の意味やハーフ説については、本人がツイッターでおっしゃっているので間違いありません。

また、体重は公開していないものの、本人が公開している身長はモデル並で、素敵な歌声とそのイケメンさからファンが多いのも納得ですね!

luzさんは現在26歳と脂が乗ってくる年齢なので、これからの一層の活躍に注目です!

 

■こんな記事も読まれています!

⇒luz(ルス/歌い手)顔バレ画像は本物?炎上経緯や最近の画像も!

⇒luz (ルス/歌い手)とまふまふが炎上?噂の写真や真実とは!

 

 

スポンサーリンク

 

-歌い手

Copyright© Tiara Voice , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.